心理学における行動技法とは、動物の学習に関する初期の研究の副産物であり、行動傾向を断ち切ること(学習解除)、学習における条件づけと強化の役割を強調したものです。

近代の認知行動的なアプローチでは、メンタルを一種の行動として処理し、このような技法をイメージとして、また状況に対する自分の反応を変えるのだという自己声明として利用します。

前のカテゴリでお話した認知再構成、つまり認知のゆがみを直す枠組みのように、行動療法でも、自己改革を推し進める際には枠組みを大いに活用します。これは、今すぐ必要なスキルを高めることであり、過去の葛藤や現在のさまざまな関係でそれが繰り返されることについて調べることではありません。

行動療法がとくに力を発揮するのは、不安の問題だけでなく、怒りや欲求不満といった問題に取り組むときです。

このカテゴリでは、自己教育の一環として習得できる行動療法の技法を解説します。FXの成績に対するプレッシャーや衝動的な振る舞いを処理するときに特に役に立つ技法だというのが分かるでしょう。

行動的なアプローチの本質は、スキルを高めることです。行動療法の技法の取り組みを長続きさせるには、こうした技法を何度も練習し、新たな状況に当てはめてみることが極めて重要です。


>> FXのメンタルにおける正の強化と負の強化を理解すること

>> FXでは健康や人との関係が大きく影響する

>> FXでは情報・技術・メンタルを他者と共有すると能力が上がる

>> FXで良いトレード行動を作って定着させる方法

FXメンタルコントロールに成功した人の画像